yakudacchi - 生活の知恵・裏技など、お得な情報をご紹介

生活の知恵・裏技など、お得な情報をご紹介

Maas(マース)がさらに普及!【電動キックボード】のレンタルが大人気なワケ!

この記事をシェアする

f:id:yakudacchi:20190802162050p:plain

バッテリーで自走する「電動キックボード」ってご存知ですか?

90年代後半に流行った「キックボード」という商品がありますよね。子供だけでなく若者も一時期乗っていた記憶があります。

簡単に言うとキックボードにバッテリーが付いたものが電動キックボードです!電動自転車のキックボード版のようなイメージですね。

さて最近、「MaaS(マース)」を利用した電動キックボードのシェアサービスが大人気だと話題になりました。

シェアサービスが盛んなスウェーデンでは、電動キックボードはレンタル自転車を追い越す勢いです!

電動キックボード自体は以前からありました。今回広まったきっかけは「MaaS」という移動手段のサービスです。

MaaS(マース)とは

MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)とは、自家用車に代わって個人の移動を最適化するサービスです。

簡単に言うと「移動手段のシェア&最適化」です。日本でも自転車のシェアやカーシェアなどありますね。

MaaSでは移動手段として、バスや電車、タクシーなど何でも使います。

移動の最適化とは?

例えば「自宅から~目的地」まで行く場合を考えてみましょう。

自宅からタクシーに乗って、電車に乗って…色々乗って目的地へ到達します。

その際、移動手段の予約や支払いは各事業者ごとに行う必要があります。

MaaSを使用すれば「検索~予約~支払い」まで一括で利用可能になります!

このように便利なMaaSなので電動キックボードとの相性も抜群です!

将来的に自動運転のバスや飛行機も導入予定だそうです。

電動キックボードとは

電動キックボードが広まった理由は様々あります。その特徴を見てみると人気の理由がわかりますよ。

特徴は以下の通りです。

  • 重量が約14キロ
  • 最高時速は約19キロ
  • フル充電で最大50キロ走行できる
  • 専用アプリから免許証情報(原付1種)の入力アリ
  • 近場の移動に便利
  • 自転車より簡単に乗れる

電動キックボードはシェアに向いているので普及するわけですよね。

以下の解りやすいアニメーションもどうぞ

 利用方法を紹介

電動キックボードのシェアを行い利用する流れを説明します。日本での普及はまだの為、海外の利用方法を参考にしています。

  1. アプリをインストール
  2. お金をチャージ
  3. キックボードの位置を確認
  4. キックボード置き場へ赴く
  5. QRコードを読み込んでロック解除!
  6. キックボードで移動~到着
  7. 指定の置き場へ戻した後、アプリから施錠をする

以下の動画解説もどうぞ

基本は自転車のシェアとそっくりですね。利用しやすそうです!

日本の公道で電動キックボードに乗るぞ(汗)

日本でも電動キックボード自体は発売されていますが、その多くは公道を走れません。

その理由は日本の法律です。日本では電動キックボードは原付扱いとなり、公道で乗るには多くの条件があります。

条件は以下の通りです。かなり厳しいですよ(汗)

  • ナンバープレート
  • バックミラー
  • 方向指示器
  • 前照灯
  • 番号灯
  • 運転免許証の携帯
  • 自賠責保険への加入
  • 軽自動車税の納税
  • ヘルメット

これは…法律改正の必要がありそうですね。

電動キックボードをレンタルしている会社とは

本場のパリでは10社も競合しています!かなり多い数字ですよ。

電動キックボードのレンタル会社一覧(パリ編)
「Lime、Bird、Bolt、Wind、Tier、Flash、Hive、Voi、Dott、Jump」

使い方も料金もほぼ同じです。今後はもっとサービスが充実すること間違いないですね。

Twitterでも話題

※日本での実証実験も続々開始です。

※韓国にもありました!

 ※日本参入の難しさが話題に(汗)

 課題などまとめ

電動キックボードのレンタルは、いいこと尽くめのようですが当然課題も多いです。

最初に懸念されるのは交通事故ですね。対策として歩道走行の禁止や右側走行(海外)があります。また、スピード違反の罰金や、最高許可速度が70キロ以上の道路では使用禁止など、自転車より規制はキビシイです。

ちなみに横断歩道や歩道は手押しで通ります。

また、駐車のルールも厳しくなりました。以前は歩道に駐車してOKだったのですが、現在は決められた置き場のみとなっています。

今後のMaaSに期待大!

電動キックボードのレンタルでMaaSが一気に広まりそうです。MaaSは今後、宅配や物流、カープール(相乗り)にも力を入れるそうなので、ますます楽しみですね。