yakudacchi - 生活の知恵・裏技など、お得な情報をご紹介

生活の知恵・裏技など、お得な情報をご紹介

【グーグルアース/Google Earthで墓参り】子連れにもオススメ?の近未来の墓参り方法が話題!

この記事をシェアする

f:id:yakudacchi:20190816144327p:plain



8月16日にテレビ朝日の番組「羽鳥慎一モーニングショー」で。グーグルアース(Google Earth)でお墓を映し、「墓参り」することが話題に上がりました。

「お盆」ならではの話題ですね。今でも、お墓参りの習慣を欠かさずにおこなっている方は多いと思いますが、「グーグルアース」をつかってお墓参りとは一体どういうことなんでしょうか?

グーグルアース/Google Earthで墓参りって?その報道のきっかけとは?

その報道のきっかけとなったのが、8月12日頃にツイッターに投稿されたある女性のツイートだったんです。

そのツイート内容というのが、義父さんからの、

「こんな山奥まで子供連れてくるのは大変だろうから無理しないで。お墓まいりはグーグルアースから拝んでくれればいいから」

という言葉を紹介し、「グーグルアースでお墓まいり」という内容のもの。

以下のツイートですね。

 

 

想像するに、この女性の旦那さんの実家のお墓はきっと田舎の山奥にあって…子連れで行くのはけっこうな負担になるのでしょうね。

そのことを心配した義父さんが、なんと!「グーグルアース」からでもいいよ…という。

お義父さんの提案したお墓参りの方法は、まさに目からウロコの斬新な発想ですよね。こんな新時代的な柔軟な提案をしてくれるなんて、すごいです。

しかし、確かに「斬新な発想」で「新時代の墓参り方法」でもありますが、モーニングショーのコメンテーターも、世間の声も賛否両論です。

グーグルアース/Google Earthで墓参りへの世間の意見

 

賛成派の吉永みち子さんの意見は、

「気持ちの問題なので。私は”来られる”側の立場に近づいて来ているので、嫌々義務感で来られてもありがたくもないし、うれしくもないなって気がします。グーグルアースじゃなくても、お盆にはおじいちゃんに電話をするとか、気持ちを表す、遠くからでもご先祖様に手を合わせればそれでいいのでは」

引用元:

「グーグルアース墓参り」に賛否の声「嫌々義務感で来られても嬉しくない」「道中で故人の事を思うのも大事」 :にんじ報告


長嶋一茂さんは大反対のようです。

「僕は大反対。この時期に、故人を思い出すのは当たり前。故人のおかげで我々がいるんだから。例外として体が不自由だったり病気だったりするのはしょうがない。大変だからって、日本全国行けないところはないんだから。行かなきゃだめ。4時間、5時間(時間がかかる)道中、故人の生前のことを考えられる、そういう時間が大事。グーグルアースだと思い出す時間は一瞬」

引用元:

「グーグルアース墓参り」に賛否の声「嫌々義務感で来られても嬉しくない」「道中で故人の事を思うのも大事」 :にんじ報告


玉川徹さんは中間派のようです。

「”千の風になって”という歌が僕は好きなんです。”お墓の前で泣かないでください。僕はそこにはいません”っていう。だからお墓に行かなくてもっていう気持ちはわかるんだけど、でもね、染み付いてるんです。僕はお墓に行ってお参りすることを小さい頃からやってるから、行くわ。頭で考えてることと、子供の頃からのしつけられてることはちょっと違う」

引用元:

「グーグルアース墓参り」に賛否の声「嫌々義務感で来られても嬉しくない」「道中で故人の事を思うのも大事」 :にんじ報告


さらに世間一般の方の意見はどうかと言うと…

 

 

 

 

 

 

 

まとめ:グーグルアース/Google Earthで墓参り

「賛否両論」ではありますが、これはあくまで身内同士の話題ですからね。

当たり前ですが、義父さんが世間にオススメ・提案したわけでも何でもありません。

義父さんが、「大変だから、あまり気にしないでもいいよ…」という感じでやさしく、身内同士独特の軽いノリで提案しただけですよね?多分。

実際、一言で「お墓参り」と言っても、時間はかかるし費用もそれなりにかかります。場所によっては旅行並みの費用がかかる場合だってあります。

故人を思いお墓の掃除をする。そして綺麗なお花に変えて、ちゃんと顔を見せてお参りする、そして家族・親戚が集まって…というのももちろん大事ですし、大切にしたい習慣であります。

しかし、どうしても行けない場合は気持ちを表すために試してみても良いのでは?と思います。アリとかナシの問題ではなく。